アメリカンショートヘア2018.08.13

                      
       
アメリカンショートヘア2018.08.13
投稿日:10月 4, 2021
カテゴリ:アメリカンショートヘアー
26 回再生
0 お気に入り

0

種類 アメリカンショートヘアー
価格 98,000円(税抜)
性別 男の子
毛色 シルバー
誕生日 2018.08.13
ワクチン 3種混合ワクチン1回
出身地 静岡県
アメリカンショートヘアの歴史
日本でも大変人気のあるアメリカンショートヘアは、イギリスのブリティッシュショートヘアが直系の祖先猫です。ブリティッシュショートヘアは大変古い歴史の猫で、ヨーロッパヤマネコがイギリスでスコットランドヤマネコとなり、変化したものと考えられています。
ブリティッシュショートヘアはメイフラワー号に乗って、移民と共にアメリカに入りました。この時の猫たちがアメリカンショートヘアの土台となったと考えられています。
彼らはペットとして入ってきたのではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていました。ペット向きではない強い面がありますが、ハンターとしては大変優秀で、多くの農場や家庭で求められました。彼らの子孫は交雑があったにもかかわらず、50ドルから100ドルで売られていたと言われています。

この時代はまだ、愛玩目的の純血種として求められていなかったため、行われていた異種猫との交雑により、アメリカンショートヘアは遺伝疾患の少ない頑健な体を得ることができたと考えられています。
アメリカの農業が大規模化し、穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしての猫たちはお役御免になりました。しかし、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されることになりました。
アメリカでは1895年のキャットショーでデビューしましたが、この時のカタログには1000ドルの値段がつき、さらに翌年の1896年のショーでは2500ドルの値が付くほど人気が上昇していたとされています。

アメリカの愛猫団体であるCFAは、1906年創設時に登録した5猫種のひとつとして採用しましたが、この時の名前は単に「ショートヘア」とされ、他の短毛猫とひとくくりにされていたようです。その後、愛好家により性能・容姿・性格において選択交配による改良が続けられた結果、1966年にはアメリカンショートヘアと改名されました。
日本に入ってきたのは1980年以降とされていますが、日本猫とは違うパターンのタビーや気質、丈夫な体質に、熱心な愛好家が増え続けています。1996年、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可されるまでになりました。

アメリカンショートヘアの特徴
アメリカンショートヘアは中型のセミコビーで、脚が大きくがっちりとした体格です。ややスクエアな顔立ちで、しっぽは長く、短毛ながら厚い被毛に覆われています。
体重はオス4~7kgでメスはやや小さめです。

アメリカンショートヘアの性格
アメリカンショートヘアは基本的には明るく賢い性格ですが、やや慎重で、家族以外の人間には警戒心を出すことも多いようです。
より自立心の強い祖先猫であるブリティッシュショートヘアの影響が強い個体もいますが、この場合は家族からでもベタベタと触られることを嫌がる傾向があります。

アメリカンショートヘアの飼い方
アメリカンショートヘアは、純血猫として品種が確立してから家庭猫として改良が続いてきたものの、優れたハンターの資質は健在です。
バタバタと走り回って遊ぶことは、彼らの心身の健康のために欠かせません。
特に若猫時代は、十分なおもちゃで遊んでやり、しっかしたキャットタワーを用意してあげましょう。

やや太りやすい傾向がありますので、食事管理も大切です。
ブリティッシュショートヘアの性格を引き継いだ、触られるのを嫌がるタイプの個体がいますが、気を引こうとおやつを与えすぎるのは、良いことではありません。

短毛で被毛は厚いものの、手入れは楽です。換毛期にはしっかりとブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

アメリカンショートヘアの毛色
アメリカンショートヘアは日本では銀灰色のクラシックタビーがよく知られていますが、黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青など非常に多くの毛色があり、タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーもあります。

アメリカンショートヘアの気を付けたい病気
アメリカンショートヘアは、猫種作成の初期に非常に多くの猫との交雑があったことから、遺伝疾患は比較的少なく丈夫とされています。
平均余命も15年と、純血猫の中では長生きの傾向がありますが、かかりやすい疾患として、ワクチン誘発性繊維肉腫と肥大型心筋症が知られています。

ワクチン肉腫は、ワクチンを打ったあとの反応で繊維肉腫が発生し、発生した部位によって内臓など体の機能障害が起こります。この病気はワクチンを打ったあとの免疫反応により起こると考えられていますが、詳しくは解明されていない部分が多いです。また、進行が早いため、腫瘍を認めた場合はただちに手術が必要になります。
毎年同じ場所にワクチンを打つと、その部位になりやすいという傾向もあると考えられていますので、ワクチンの接種部位を記録しておくのが良いかもしれません。
また、この病気はワクチンとの関連性が強いものの、接種後数日から数年後に発症する場合もありますので、経過観察や接種記録は大切です。

肥大型心筋症は中年齢以上の猫に多く発生しますが、アメリカンショートヘアでは重症化することは少ないとされています。
この病気は、心臓の周りの筋肉が肥大、肥厚することから、心臓の動きが悪くなることで、不整脈による突然死や血栓の発生などが起こります。
心臓の機能が低下すると、不活発になり、寝てばかりということが増えてきます。年齢のせいかしらと思い込まずに、元気がなさそうに見えたら動物病院で受診するようにしましょう。

アメリカンショートヘアの価格相場
グループサイト、『みんなのアメリカンショートヘア子猫ブリーダー』における、直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約15万円、最高価格は30万円、最低価格は5万円です。
※一般的に子猫の価格は猫種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連動画

メニュー

カテゴリ

その他
全記事数